産経ニュース

『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』 佐々木類・本紙九州総局長「日本政治の不作為を指摘しなければ」と出版

ニュース 政治

記事詳細

更新


『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』 佐々木類・本紙九州総局長「日本政治の不作為を指摘しなければ」と出版

産経新聞九州総局の佐々木類総局長の新著『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』の表紙 産経新聞九州総局の佐々木類総局長の新著『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』の表紙

 日本の政治が韓国にたびたび振り回され、慰安婦問題解決のためと称して必要以上にカネを出し続けるのはなぜなのか-。

 政権維持に汲々とする自民党政権が、自己保身を優先する事なかれ主義の官僚組織と共鳴して隣国を甘やかしてきたためだ。

 こうした実態を鋭く暴いた一冊が、全国一斉に発売された。

 著書の佐々木類・産経新聞九州総局長は執筆の動機について、同僚の加藤達也元ソウル支局長が韓国当局に起訴されたことがきっかけだったとし、「ゆがんだ韓国の対日観とそれを助長してきた日本政治の不作為を指摘しなければならないと思った」と語る。

 書籍では、韓国人の反日意識には精神的な優越感を保つために日本人を蔑視しようとする侮日観があると指摘。これを戦前の贖罪(しょくざい)意識に縛られ、国内政局を優先する日本の歴代政権がカネを出し続けることで助長してきたという。

 東京五輪誘致活動や長崎・軍艦島など世界遺産登録への妨害、米国各地に慰安婦像を建てる嫌がらせの数々は、多くの日本人がその実態を知らされていない。佐々木総局長は「日韓が深く理解しあうには、韓国人の思考様式を知り、日本も言うべきことを言わなければならない」と語る。

 書籍は『日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか』。本体1400円(税抜き)、アイバス出版。

「ニュース」のランキング