産経ニュース

【プーチン大統領来日】「引き分け」より後退したのか プーチン大統領はなぜかニコッと笑い、質問に熱弁を振るった

ニュース 政治

記事詳細

更新

【プーチン大統領来日】
「引き分け」より後退したのか プーチン大統領はなぜかニコッと笑い、質問に熱弁を振るった

日露首脳会談後の共同記者会見で、質問に答えるロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相 =16日午後、首相公邸(川口良介撮影) 日露首脳会談後の共同記者会見で、質問に答えるロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相 =16日午後、首相公邸(川口良介撮影)

 一方、日本はあくまで平和裏に問題を解決しようと試みている。相手を説得し、納得させることが至難の業であることは最初から分かっていることである。

 安倍首相は問題解決への近道はないと知り、迂遠なようでも日露間での信頼関係を築き、交流を深めることから始めて一歩一歩前進する道を選んだのか。

 「『もう時間がない』。そう語る(北方領土の元)島民の痛切な思いが胸に突き刺さった」

 安倍首相は共同記者会見でこう述べた。確かに今回の合意で元島民が、故郷訪問が容易になれば、関係者には朗報だろう。ビザ(査証)なし交流拡大による人的交流の円滑化も、日露の相互理解につながる。

 日露両国の8項目の経済協力プランの具体化や、北方領土での共同経済活動も、日本企業にとって新たなビジネスチャンスや資源確保の機会を生むことだろう。両首脳が強調するように、経済的な結びつきの強化は、将来の平和条約締結への「重要な一歩」となるかもしれない。

 ただ、日露双方に「ウィン・ウィン」の状況が生まれるかどうかは今後の両国の真摯な努力にかかっている。日本はこれから安易な妥協は避けつつ、北方領土問題の解決に向けてほふく前進していくことになる。

 ■防衛協力は前進

 そもそも安倍首相が日露関係の深化を目指すのは、北方領土問題だけを考えてのことではないはずだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「引き分け」より後退したのか プーチン大統領はなぜかニコッと笑い、質問に熱弁を振るった

「ニュース」のランキング