産経ニュース

【プーチン大統領来日】安倍晋三首相ぶらさがり全文 「率直かつ突っ込んだ議論できた」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【プーチン大統領来日】
安倍晋三首相ぶらさがり全文 「率直かつ突っ込んだ議論できた」

ロシアのプーチン大統領との会談を終え、記者の質問に答える安倍首相。左端は世耕ロシア経済分野協力相、同2人目は野上官房副長官、右奥は岸田外相=15日午後、山口県長門市 ロシアのプーチン大統領との会談を終え、記者の質問に答える安倍首相。左端は世耕ロシア経済分野協力相、同2人目は野上官房副長官、右奥は岸田外相=15日午後、山口県長門市

 安倍晋三首相は15日、山口県長門市で行われたロシアのプーチン大統領との首脳会談後、北方領土問題を含む平和条約締結交渉などについて記者団に対し「率直かつ非常に突っ込んだ議論を行うことができた」と述べた。安倍首相の発言の全文は次の通り。

     

 プーチン大統領と約3時間にわたって首脳会談を行いました。私の地元での開催、そして地元の皆さまが温かいお出迎えをしていただいた結果、大変いい雰囲気の中で首脳会談を行うことができたと思います。

 この後、主に経済関係についてさらに会談を行う予定でございますが、小人数の会談におきましては、2国間の問題、あるいは国際的な課題について、そしてその国際的な課題についてロシアが建設的な役割を果たしていくことの重要性、あるいはまた日本とロシアが共に取り組んでいくことによって、さまざまな問題を解決していくことができるということについて会談を行いました。

 また2人だけの会談については約95分会談を行いました。平和条約の問題を中心に議論をしたところでございます。これまでのソチ、ウラジオストク、そしてリマでの議論を踏まえまして、元島民の皆さんの故郷への自由訪問、そして4島における日露両国の特別な制度のもとでの共同経済活動、そして平和条約の問題について率直かつ非常に突っ込んだ議論を行うことができたと思っています。

続きを読む

「ニュース」のランキング