産経ニュース

維新、民進の国会遅延戦術を徹底批判 「税金の無駄遣い」「衆院と参院でたまたま同じ名前の政党」 代議士会発言詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新


維新、民進の国会遅延戦術を徹底批判 「税金の無駄遣い」「衆院と参院でたまたま同じ名前の政党」 代議士会発言詳報

民進党代議士会に臨む野田佳彦幹事長ら=14日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 民進党代議士会に臨む野田佳彦幹事長ら=14日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 日本維新の会が14日国会内で開いた代議士会では、民進党がカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案を廃案に追い込むため、徹底した審議遅延戦術を展開していることに「税金の無駄遣い」などの批判が相次いだ。幹部の発言詳報は以下の通り。

     

 馬場伸幸幹事長

 「(民進党は)いつも通りの妨害工作で、また国会が止まっている。本当に税金の無駄遣い、限りある時間の無駄遣いだ。一体何を目的としているのかよくわからない状態が続いている」

 「民進党は、衆院と参院はたまたま同じ名前の政党だということだけであって、意思の疎通も、戦略の共有も、まったくない状態だ。こういうことも、SNSなどを通じ、国民に訴えていく必要もある。前例慣例、永田町の常識をぶっつぶすのも、わが党のひとつの仕事だ」

 遠藤敬国対委員長

 「外も暗くなってきた。(民進党の抵抗は)国会の無駄だ。本当に『ブラックボックス』の国会だといわれても仕方がない。税金の無駄遣いだ」

 「今からどれだけ時間がかかるかわからないが、どれだけの(国会)職員を足止めしているのか。それを考えると、国会改革が一番大きなわれわれの課題であり、眼目ではないかと考えている」

続きを読む

このニュースの写真

  • 維新、民進の国会遅延戦術を徹底批判 「税金の無駄遣い」「衆院と参院でたまたま同じ名前の政党」 代議士会発言詳報

「ニュース」のランキング