産経ニュース

ホテル・旅館の規制緩和提言 観光立国に向け 規制改革推進会議

ニュース 政治

記事詳細

更新


ホテル・旅館の規制緩和提言 観光立国に向け 規制改革推進会議

 政府の規制改革推進会議は6日、ホテルや旅館の営業を柔軟化するための規制緩和を議論し、「最低客室数」撤廃や、「フロント設置義務」緩和を盛り込んだ提言をまとめた。政府が来年の通常国会への提出を目指す旅館業法改正、関連政省令の改正などに反映させる。多様な宿泊施設の運営を可能にし、安倍晋三政権が成長戦略の柱とする「観光立国」を推進する。

 撤廃すべき規制としては、ホテル10室以上、旅館5室以上となっている最低客室数のほか、「寝具の種類」「客室の壁の種類」など計5項目を列挙。「客室の床面積」と「入浴設備の具体的要件」の2項目は、必要最小限の規制にすべきだとした。

 このほか推進会議は農業改革についても議論。全国農業協同組合連合会(JA全農)が組織刷新などの自己改革を集中的に進める期間を「平成31年5月まで」とすることを確認した。

「ニュース」のランキング