産経ニュース

【政治資金報告書】民進党集金力は前原誠司元外相が最多の4995万円 党首の蓮舫氏は最少

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政治資金報告書】
民進党集金力は前原誠司元外相が最多の4995万円 党首の蓮舫氏は最少

前原誠司元外相(荻窪佳撮影) 前原誠司元外相(荻窪佳撮影)

 平成27年分の政治資金収支報告書で、民進党の蓮舫代表ら幹部5人と、今年9月の代表選に立候補した2人の計7人を集金力で比較した。前原誠司元外相が4995万円で最も多く、玉木雄一郎幹事長代理が4614万円で続いた。蓮舫氏は最少の1597万円だった。

 前原氏は、資金管理団体で計1200万円の個人献金を集めたほか、政党支部に1051万円の企業・団体献金があった。玉木氏は、政党支部で別の政治団体から計1501万円の寄付を受けた。

 3位は細野豪志代表代行で4129万円。資金管理団体に2431万円の個人献金があった。

 江田憲司代表代行は4015万円、安住淳代表代行は3931万円、野田佳彦幹事長は3034万円だった。

 集金力は資金管理団体と、関連する政党支部の収入で算出した。

「ニュース」のランキング