産経ニュース

【カジノ解禁法案】ぐだぐだ公明…異例の自主投票で不満も 民進は対応決められず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【カジノ解禁法案】
ぐだぐだ公明…異例の自主投票で不満も 民進は対応決められず

衆院内閣委で、統合型リゾート施設整備推進法案の採決に抗議し、退席する民進党の岡田前代表(手前)ら=2日午後 衆院内閣委で、統合型リゾート施設整備推進法案の採決に抗議し、退席する民進党の岡田前代表(手前)ら=2日午後

 公明党が2日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案の採決で、平成21年の臓器移植法改正案以来となる異例の自主投票で臨んだ。党内で賛否が拮抗(きっこう)し、意見集約に至らなかったためだが、政策実現に向け統一行動をとる政党が党議拘束を外したことは、主体性の欠如を露呈したともいえそうだ。

 2日午前、衆院内閣委員会で採決が刻々と迫る中、山口那津男代表ら公明党幹部は国会内で開いた常任役員会で顔をそろえた。1日夜、複数の議員は「賛成でまとまる」と明言していた。だが、井上義久幹事長が自主投票を提案し、了承された。山口氏は終始、沈黙していたという。

 井上氏はギャンブル依存症増加などを懸念する慎重派の代表格。推進派議員が認識を見直してもらうため依存症対策などを盛り込んだ付帯決議案を示しても、井上氏はかたくなだった。

 方針決定を受け、推進派の佐藤茂樹氏は委員会採決で賛成し、記者団に「党が苦渋の判断をしたことは受け入れざるを得ない」と語った。反対した浜村進氏は「メリットについて、まだまだ確信が持てない」と記者団に説明し、2日間の審議で採決に至ったことにも疑問を呈した。

続きを読む

「ニュース」のランキング