産経ニュース

柏崎市長選、原発再稼働容認の桜井氏が初当選 地元首長間の「ねじれ」継続に

ニュース 政治

記事詳細

更新


柏崎市長選、原発再稼働容認の桜井氏が初当選 地元首長間の「ねじれ」継続に

新潟県柏崎市長選で初当選を決め、万歳する桜井雅浩氏(左)と妻有美子さん=20日夜 新潟県柏崎市長選で初当選を決め、万歳する桜井雅浩氏(左)と妻有美子さん=20日夜

 任期満了に伴い、立地する東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への対応を最大の争点に無所属新人2人が争った新潟県柏崎市長選は20日投開票され、再稼働容認派の元市議、桜井雅浩氏(54)が反対派の元市職員、竹内英子氏(47)=共産、社民推薦=を破り、初当選した。

 柏崎刈羽原発をめぐり、選挙戦で桜井氏は「市民の生活や地域経済の向上」といった条件付きで再稼働を容認する考えを表明。一方、竹内氏は「市民の命と暮らしを守るためには再稼働を認めてはならない」と反対を強く訴えていた。

 10月の県知事選では再稼働に否定的な米山隆一氏が当選。今月15日には立地自治体の一つ、刈羽村の村長選で容認派の現職が無投票で5選を果たしており、泉田裕彦前知事時代と同様に県と地元首長の間で原発をめぐる方針の「ねじれ」が続くことになった。

「ニュース」のランキング