産経ニュース

【安倍トランプ会談】安倍晋三首相「信頼できる指導者」 同盟深化へトランプ氏との会談終えペルーへ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍トランプ会談】
安倍晋三首相「信頼できる指導者」 同盟深化へトランプ氏との会談終えペルーへ

米ニューヨークからペルーに向け出発する安倍首相と昭恵夫人=18日(共同) 米ニューヨークからペルーに向け出発する安倍首相と昭恵夫人=18日(共同)

 【ニューヨーク=田北真樹子】安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日午前)、訪問先の米ニューヨークでドナルド・トランプ次期米大統領と約1時間半にわたり会談した。就任前の次期米大統領と日本の首相による会談は異例。トランプ氏が大統領選勝利後、外国首脳と会談するのは初めて。

 首相は会談後、記者団に「同盟というのは信頼がなければ機能しない。トランプ氏は信頼することのできる指導者であると確信した」と述べ、両氏が日米同盟の深化で合意したとの認識を示した。早期の再会談で一致したことも明らかにした。

 会談はトランプ氏の私邸があるマンハッタンのトランプタワーで行われた。日本側は首相と通訳だけで臨んだ。首相は「大変温かい雰囲気のなかで会談を行うことができた。ともに信頼関係を築いていくことができる、そう確信の持てる会談だった」と強調した。

 具体的な内容については「今回は非公式な会談であることから差し控える」と明らかにしなかったが、「私の基本的な考え方については話をした」と明言。トランプ氏が大統領選で訴えた在日米軍の駐留経費の負担増や、政権発足時に脱退すると表明している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、自身の考えを伝えたことを示唆した。首相は18日午前(日本時間18日夜)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席するためペルーに出発した。

「ニュース」のランキング