産経ニュース

【ダライ・ラマ14世講演詳報】毛沢東は私に「赤い旗の隣に国旗を維持せよ」と言った

ニュース 政治

記事詳細

更新

【ダライ・ラマ14世講演詳報】
毛沢東は私に「赤い旗の隣に国旗を維持せよ」と言った

講演するダライ・ラマ14世=16日、東京都千代田区(伴龍二撮影) 講演するダライ・ラマ14世=16日、東京都千代田区(伴龍二撮影)

 チベットと中国は民族的にも文化的にも違います。ですから中国人には、チベット文化を学び、また、それを維持することが大切だと理解してもらいたい。だが、中国は中国語を使えるチベット人を仕事の面で優遇し、チベット語から遠ざけようとしています。習氏が本当にまとまりのある国家を目指すならば、そのうたい文句は心の底から来なければならない。

 「調和のある社会」は信頼関係に基づかないと築けない。そこに住む人に恐怖感を植え付けては不可能だ。中国はインドにも同じ共産主義国であるベトナムにも、常に疑いの目を向けている。

 全体的にみれば中国は変わりました。(中国人は)必ずやこの世界に対しても大きな貢献ができる民族だと私は思います。ただ、現在の政治システムを維持する限り不可能でしょう。私たちに必要なのは信頼関係だ。世界は自由と民主主義が生かされねばならない。かつてソ連は暴力ではなく民衆の希望によって変わりました。中国でもそのようになるのではないでしょうか。

 1954~55年、北京滞在中に毛沢東と会ったことがあります。「チベットには自分自身の国旗がありますか」と聞かれ、「あります」と答えると「あなた方はその国旗を私たちの赤い旗の隣にいつも維持するべきである」と言われました。

 現在、欧州や米国などで、私たちの国旗を持ってチベット人の立場にたって抗議活動をする人に“反抗議”をする中国人も増えています。そういった人に毛沢東の「国旗はぜひ維持するべきだ」との言葉を伝えたいですね。

「ニュース」のランキング