産経ニュース

【天皇陛下ご譲位】有識者会議第2回ヒアリング 櫻井よしこ氏「ご譲位でなく摂政」 渡部昇一氏「終身在位、問題ない」 石原信雄氏「特例法で退位を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下ご譲位】
有識者会議第2回ヒアリング 櫻井よしこ氏「ご譲位でなく摂政」 渡部昇一氏「終身在位、問題ない」 石原信雄氏「特例法で退位を」

専門家からのヒアリングが行われた「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。中央はジャーナリストの櫻井よしこ氏=14日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影) 専門家からのヒアリングが行われた「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。中央はジャーナリストの櫻井よしこ氏=14日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理の御(み)厨(くりや)貴・東大名誉教授は14日、首相官邸で記者会見し、この日の第4回会合でヒアリングを行った専門家らの発言や有識者会議メンバーとのやりとりを明らかにした。主な内容は次の通り。

 渡部昇一氏「天皇の仕事の第一は昔から『国民のために祈ること』。国民の目に触れるような活動はありがたいが、(無理に)そうする必要はない。皇太子が摂政であれば何も問題なくスムーズにいく」

 --(高齢の天皇に)終身在位を求めることは尊厳を損ねることにならないか

 「国民のために祈ることが仕事の中心。問題ない」

 --天皇と摂政が併存する場合、「象徴」はどちらかという問題は生じないか

 「天皇はお祈りを続けており、元号もそのままだから問題はない」

 岩井克己氏「摂政は、重患に陥った天皇の尊厳が傷つくことや象徴の二重性が生じること、祭祀(さいし)の核心部分をできないことから困難だ。皇統の不安定化や院政の心配などの退位の弊害は、象徴天皇が定着した現代では考えにくい。(譲位は認めるべきだが)一代限りの特例法は、憲法の規定、国民世論などから困難だ。『高齢譲位』に論点を絞れば典範改正はさほど難事とは思えない」

 --スピード感を重視すれば、特例法も選択肢では

 「納得いく説明がないと理解しがたい」

続きを読む

「ニュース」のランキング