産経ニュース

【TPP】TPP承認案、参院で審議入り 安倍晋三首相「米国や他の署名国に早期の国内手続き完了を働き掛ける」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【TPP】
TPP承認案、参院で審議入り 安倍晋三首相「米国や他の署名国に早期の国内手続き完了を働き掛ける」

 安倍晋三首相は11日午前の参院本会議で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「米国や他の署名国に国内手続きの早期の完了を働き掛ける」と述べ、TPP脱退を掲げるドナルド・トランプ氏が大統領に就任する米国にも批准を促す方針を明言した。米国が参加していないTPP以外の経済連携協定に向けた交渉を加速させ、米国を刺激する考えも示した。

 トランプ氏の大統領就任によりTPP発効は困難視されており、政府の判断が国会論戦の焦点となる。質問に立った民進党の浜口誠氏は「発効しない可能性が極めて高くなった中で、日本だけが何の軌道修正もせずに手続きを進めることは、全く理解できない」と批判した。

 これに対し首相は「わが国が主導することで早期発効に向けた機運を高めていく。日本は受け身で他国の動きを待つのではなく、国益に合致する道を自ら進む」と反論した。

 参院本会議は11日午前、TPP承認案と関連法案の趣旨説明と質疑を行い、審議入りした。

「ニュース」のランキング