産経ニュース

【衆院選シミュレーション】4野党共闘ならば47選挙区で当落逆転 与党326→279 全野党共闘ならば84選挙区で逆転…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選シミュレーション】
4野党共闘ならば47選挙区で当落逆転 与党326→279 全野党共闘ならば84選挙区で逆転…

 次期衆院選で民進、共産、自由、社民の4野党が共闘を目指す中、産経新聞は6日、平成26年12月の前回衆院選で4野党が全295選挙区に統一候補を擁立した場合の当落を試算した。この結果、自民、公明両党は計47選挙区で「野党統一候補」に逆転されることが判明。7月の参院選でも野党共闘の効果は実証されており、次期衆院選に向け、自公両党は戦略の見直しを迫られる。

 前回衆院選(定数475)で、与党は選挙区232、比例代表94の計326議席を獲得、3分の2(317議席)超の大勝を収めたが、野党共闘により47選挙区で当落が逆転すれば、与党は279議席で3分の2を大きく割り込む。

 試算では、選挙区ごとに民主(現民進)、共産、生活(現自由)、社民の4党の公認候補の得票を合計して「野党統一候補」の得票と仮定した。

 この結果、比例ブロックごとにみると、北海道ブロック(計12選挙区)は与党が5議席を失い、野党8、与党4と与野党逆転。北陸信越ブロック(計19選挙区)でも新潟県で3議席など計6議席を野党統一候補が獲得し、与党10、野党9と拮抗(きっこう)した。東北ブロック(計25選挙区)でも野党統一候補が5議席を奪った。これらの地域は、7月の参院選で野党共闘が一定の成果を挙げた地域と重なる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 4野党共闘ならば47選挙区で当落逆転 与党326→279 全野党共闘ならば84選挙区で逆転…
  • 4野党共闘ならば47選挙区で当落逆転 与党326→279 全野党共闘ならば84選挙区で逆転…

「ニュース」のランキング