産経ニュース

自民・二階俊博幹事長「公明に見放されたら心配」「迷惑をかけないよう反省」

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民・二階俊博幹事長「公明に見放されたら心配」「迷惑をかけないよう反省」

記者団の取材を受ける自民党の二階俊博幹事長 記者団の取材を受ける自民党の二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は31日、東京・立川市で開かれた公明党衆院議員の政治資金パーティーで、自民、公明両党の連立政権について「両党が協力している限り日本の政治は心配ない。もし公明党に見放されたときは心配だ。そうならないよう私が気を配らなければならない」と述べた。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などの審議をめぐる閣僚らの失言で審議が紛糾し、公明党が「気の緩みだ」などと強いトーンで批判したことが念頭にあるとみられる。

 二階氏は「いろいろなことを失言して、公明党にご迷惑かけてはならんということを言っているが、中には調子に乗るものもおるわけですよ」と釈明。その上で「謙虚に反省し、公明党に迷惑をかけないようにしながら国会を運営したい」と念を押した。

「ニュース」のランキング