産経ニュース

【豊洲問題】「記憶ない」「分からない」「思い出せない」 小池百合子知事の質問書と石原慎太郎氏の回答文書全文

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
「記憶ない」「分からない」「思い出せない」 小池百合子知事の質問書と石原慎太郎氏の回答文書全文

東京都が公開した豊洲市場問題に関する小池百合子知事の質問書と石原慎太郎元知事の回答文書 東京都が公開した豊洲市場問題に関する小池百合子知事の質問書と石原慎太郎元知事の回答文書

(3)東京ガスから豊洲市場用地を購入後、土壌汚染対策費用として858億円が必要となった。2011年3月には土壌汚染対策費のうち東京ガス・東京ガス豊洲開発は78億円を負担することに合意した。そして残りは東京都が負担した。これは、適切な措置とお考えか。理由もご説明ください。

(4)東京都の土壌汚染対策費用は858億円にのぼりました。これを踏まえ、豊洲市場の用地の価格は、妥当だとお考えか。その理由とともにご説明ください。

(5)豊洲市場が立地する土地は、土壌汚染区域であるため、市場施設完成後も地下水管理システムのランニングコストなどが必要になっている。これらの付加的な費用の発生可能性を当時認識されていたのか。また容認しうると考えていたのか。

3 豊洲市場の経営形態について

(1)2006年12月に、「豊洲新市場整備等事業実施方針」・「豊洲新市場整備等事業業務要求水準書(案)」が公表きれ、豊洲市場をPFIで経営することが明らかにされた。石原氏は、この時点では、豊洲市場の事業採算性をどのようにお考えだったのか。

(2)2009年2月には、豊洲市場の総工費が4316億円(建設費990僚円、土壌汚染対策費586億円、用地取得費2370億円、その他関連工事費等370億円)とされている。その後、2010年2月には、豊洲新市場の整備手法がPFIから直営に変更された。

続きを読む

「ニュース」のランキング