産経ニュース

民進・野田佳彦幹事長「まずは自分たちの候補擁立を優先」 次期衆院選の野党共闘で共産と温度差

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・野田佳彦幹事長「まずは自分たちの候補擁立を優先」 次期衆院選の野党共闘で共産と温度差

マイクを手に演説する民進党の野田佳彦幹事長=22日午後、東京都練馬区(川口良介撮影) マイクを手に演説する民進党の野田佳彦幹事長=22日午後、東京都練馬区(川口良介撮影)

 民進党の野田佳彦幹事長は22日、次期衆院選での共産党との候補者調整を含めた野党共闘について「私たちも、まだ(公認内定者を決めていない)空白区がある。自分たちの候補者擁立をまずは優先させたい」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。

 共産党の志位和夫委員長は次期衆院選で「(共産党の候補を)一方的に降ろすことはあり得ない」と強調し、相互支援が必要との考えを示している。野田氏が慎重な言いぶりにとどめたことで、民進、共産両党の温度差が浮き彫りになった形だ。

 民進党は今月中に公認内定者の検討作業を終える考え。野田氏は候補者調整に関し「各党の意見もあるので、(党内作業を終えて)その後にすり合わせることになるだろう」と語った。

「ニュース」のランキング