産経ニュース

沖縄の子供の貧困支援、5カ月間で2013人が利用 「これほどとは…」と内閣府も驚き隠せず

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄の子供の貧困支援、5カ月間で2013人が利用 「これほどとは…」と内閣府も驚き隠せず

 政府は14日、今年度から始めた沖縄県で貧困に苦しむ子供を支援する事業に関し、5カ月間で支援を受けた子供または保護者が計2013人だったと発表した。内閣府沖縄振興局は「約半年でこれほど(の人数に上る)とは思っていなかった」と述べ、子供の貧困状況の深刻さと支援事業に対するニーズの高さが浮かび上がった。

 事業は、沖縄県内の市町村などが社会福祉士などの資格を持つ貧困対策支援員100人を雇用し、子供の就学援助や保護者を支援。また、食事の提供など日中や夜間に子供が安心して過ごすことができる「居場所」作りも進め、26市町村で92カ所設置した。

 具体的な支援としては、特別支援学級に通う男子中学生がシラミ駆除用シャンプーの購入ができないと学校から支援員に相談があり、保護者に特別児童扶養手当を紹介して、受給に至ったケースなどがあったという。

 鶴保庸介沖縄北方担当相は14日の記者会見で、「貧困の連鎖を断ち切ることが主目的。親御さんの就労支援も(今後は)視野に入ってくる」と述べた。

「ニュース」のランキング