産経ニュース

【米軍北部訓練場】北部訓練場の移設妨害に威力業務妨害罪を適用へ 警備困難な敷地、極左暴力集団が参加 集会で不法侵入を「すごい戦い」と堂々誇示

ニュース 政治

記事詳細

更新

【米軍北部訓練場】
北部訓練場の移設妨害に威力業務妨害罪を適用へ 警備困難な敷地、極左暴力集団が参加 集会で不法侵入を「すごい戦い」と堂々誇示

米軍北部訓練場視察のため自衛隊ヘリに乗り込む菅義偉官房長官(右から3人目)=8日午前、那覇市の航空自衛隊那覇基地 米軍北部訓練場視察のため自衛隊ヘリに乗り込む菅義偉官房長官(右から3人目)=8日午前、那覇市の航空自衛隊那覇基地

 反対派は一カ所に固まっているわけではなく、数十人が散らばっているため一斉に検挙することは事実上不可能だ。ショベルカーに潜り込んだり、ぶら下がったりしている行為は業務妨害として検挙しやすいが、ショベルカーの前に座り込んでいるだけの行為は判断がつきにくい。こうした違法行為の線引きの難しさもあり、警察当局が詰めの検討に入っている。

 警備関係者によると、反対派は逮捕を警戒し、危険を感じた時点で逃げ出すという。ただ、機動隊の展開で反対派がいなくなれば工事が円滑に進むかといえば、そう簡単ではない。

 「反対派は重機の前に座り込んで工事を1時間ぐらい妨害し、機動隊が逮捕しそうになったら逃げ出す。だが、しばらくしたらまた戻ってきて妨害する」

 政府関係者はこう説明する。追いかける機動隊と逃げる反対派。ヘリパッドの移設工事が完了しなければ、北部訓練場の半分以上の返還も実現しない。反対派検挙をめぐる攻防が、沖縄の本土復帰後としては最大規模の米軍施設返還に向けた命運を握っている。

「ニュース」のランキング