産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】日韓合意、河野洋平元衆院議長の愚説に呆れる 誰の後始末なのか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
日韓合意、河野洋平元衆院議長の愚説に呆れる 誰の後始末なのか

 のこのことテレビに出てきて、またテキトーなことを得々と語っていた。4日のBSフジ番組に出演していた河野洋平元衆院議長のことである。政治家はもともと我(が)が強く、自分が一番だというタイプが多いものだが、それにしても「重鎮」「大物」と言われるOBたちに、自身を全く省みずに現役政治家の足を引っ張りたがる者が目立つ。

 「(合意の)内容の外であり、毛頭考えていない」

 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会でこう述べ、慰安婦問題に関する昨年12月の日韓合意に関連し、韓国の元慰安婦支援財団が求めている首相の謝罪の手紙を出す考えのないことを表明した。河野氏はこれに対して、早速、こんな批判を展開したのである。

 「もう少し言い方はあったのではないか。人間性の問題かなと思う。もっと寄り添った言い方があったかもしれない」

 どうしてそこまで韓国側に寄り添わなくてはならないのか、さっぱり理解できない。人間性まで持ち出す話だろうか。

 安倍首相の発言は、韓国お得意の「ゴールポスト移動」にはもう付き合わないとの日本政府の立場を示したものであり、当然のことである。首相は合意当時、周囲にこう話していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング