産経ニュース

衆院2補選 共産が候補自主的に取り下げ 野党統一候補

ニュース 政治

記事詳細

更新


衆院2補選 共産が候補自主的に取り下げ 野党統一候補

 共産党は4日、衆院東京10区と福岡6区の両補欠選挙(11日告示、23日投開票)について、それぞれ党公認候補を自主的に取り下げ、民進党候補の支援に回る方針を固めた。社民、生活両党も民進党候補を支援する方針で、野党統一候補が与党系候補と対峙する構図を作る。共産、民進両党の関係者が明らかにした。

 両補選をめぐっては、共産党の志位和夫委員長が9月23日の野党4党首会談で、民進党の蓮舫代表に対し速やかに候補一本化に向けた協議に入るよう要請。しかし民進党は共産党と連携するイメージを嫌い、表立った協議を拒んできた。

 関係者によると、今回は共産党が譲歩し、政党間の政策協定などは結ばずに、自主的に候補を取り下げる形を取る。民進党の野田佳彦幹事長は5日、野党4党の幹事長・書記局長会談を開き、野党候補の一本化を正式決定する考えだ。

「ニュース」のランキング