産経ニュース

【衆院予算委】民進党の提案路線はどこへやら…批判体質は変わらず 安倍晋三首相は憤慨「民進党は侮辱に明け暮れている」 補正予算案の議論深まらず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
民進党の提案路線はどこへやら…批判体質は変わらず 安倍晋三首相は憤慨「民進党は侮辱に明け暮れている」 補正予算案の議論深まらず

衆院予算委で質問する細野豪志氏(民進) 衆院予算委で質問する細野豪志氏(民進)

 衆院予算委員会で30日に始まった平成28年度第2次補正予算案をめぐる論戦で、民進党は蓮舫代表が掲げた提案路線をよそに政権攻撃を過熱させた。細野豪志代表代行が安倍晋三首相による所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がっての拍手)をして演説が中断されたことを批判し、首相が憤慨する場面も。建設的な議論にはほど遠かった。

 細野氏は質問の冒頭、「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」と豪語した。だが、次に口から出てきたのは批判だった。

 26日の所信表明演説では、首相が自衛隊員らをたたえ、自民党議員が同調して起立し、拍手した。これに細野氏は「首相に促されて拍手するのはどうなのか」と違和感を表明。「自民党議員は安倍首相に拍手しているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と主観を交えて首相に迫った。

 すると首相は「促していない。どうしてこれが問題になるのか、よく理解できない」と反論。また「『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う」「単に侮辱に明け暮れているとしか思えない」と声を荒らげて細野氏を批判し、「補正予算案の建設的な議論をしよう」と訴えた。

続きを読む

「ニュース」のランキング