産経ニュース

【衆院予算委・論戦要旨】安倍晋三首相「12月に山口県で行う日露首脳会談で平和条約締結交渉を前進」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委・論戦要旨】
安倍晋三首相「12月に山口県で行う日露首脳会談で平和条約締結交渉を前進」

衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、民進党の後藤祐一氏の質問に答弁する安倍晋三首相=30日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、民進党の後藤祐一氏の質問に答弁する安倍晋三首相=30日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 30日の衆院予算委員会での質疑要旨は以下の通り。

 【日露関係】

 茂木敏充氏(自民)「東アジアの平和と安定という難しいジグソーパズルを完成させるのに必要不可欠なワンピースが(日露)平和条約締結だ」

 安倍晋三首相「70年間、解決できなかった問題だから、そう簡単ではないが、全力を尽くす。(9月2日の日露首脳会談で)交渉を具体的に進めていく道筋が見えてくる手応えを強く感じることができた。12月に予定する山口県での日露首脳会談で、平和条約締結交渉を前進させたい」

 【人口問題】

 渡嘉敷奈緒美氏(自民)「9月21日に、首相がニューヨークで『日本の人口動態はボーナスだ』と述べた真意は」

 首相「改革のインセンティブを与えロボットからAIまで新技術の活用による生産性向上につながるという未来志向の思いからだ」

 【大学無償化】

 石田祝稔氏(公明)「貧困の連鎖を断ち切り、格差を固定しないためにも大学の無償化を検討すべきだ」

 首相「優先順位をつけて一歩ずつ進むことが大切だ。若者への投資を増やす大きな流れは進めたい」

続きを読む

「ニュース」のランキング