産経ニュース

【小池百合子知事9・30定例会見詳報(1)】豊洲市場の盛り土問題「段階的に空気の中で決まった」「最も大きな要因は責任感の欠如」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池百合子知事9・30定例会見詳報(1)】
豊洲市場の盛り土問題「段階的に空気の中で決まった」「最も大きな要因は責任感の欠如」

定例会見で豊洲市場の盛り土問題の内部調査結果などを報告する、小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影) 定例会見で豊洲市場の盛り土問題の内部調査結果などを報告する、小池百合子東京都知事=30日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)

 「(誤った情報を)ホームページに掲載し続けてきたことですが、専門家会議当時から、概念図をずっとそのまま使用してきました。誰も気付かず、チェックが行われてきていない、恥ずかしい状況です。誤解を予見できたはずですが、説明責任をまったく果たしていないと言わざるを得ません」

 「主な2点は申し上げましたが、業務把握すべき歴代の市場長が盛り土をしないということを知らずに決済していました。部署の引き継ぎなどもいい加減で、過去の流れをチェックせずにそのまま進めてきました。企業で言うなら、まさしく情報共有コンプライアンスが欠けていたというのが正直なところです」

 「事実と異なる答弁でも組織の誰もおかしいと異論を唱えなかったということです。一言で言えば、最も大きな要因はガバナンスです。責任感の欠如です。前の答弁をそのままコピーし、チェック不足で、意思決定プロセスの不備、連携の不足なども挙げられます。個人の問題もあるでしょうが、一言でいえば組織運営のシステムの問題で、だからこそ問題です。だからこそ都政大改革が必要なのです」

 《個人の問題ではなく、組織の問題とし断罪した小池知事。徐々に口調は強くなる》 

続きを読む

このニュースの写真

  • 豊洲市場の盛り土問題「段階的に空気の中で決まった」「最も大きな要因は責任感の欠如」

「ニュース」のランキング