産経ニュース

【衆院予算委詳報】スタンディングオベーションに細野豪志氏「首相への拍手みたい」に安倍晋三首相は「侮辱に明け暮れ」とブチギレ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委詳報】
スタンディングオベーションに細野豪志氏「首相への拍手みたい」に安倍晋三首相は「侮辱に明け暮れ」とブチギレ

衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、質問する民進党の細野豪志代表代行=30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、質問する民進党の細野豪志代表代行=30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

「一方その中で、力による現状変更の試みもあるわけであります。そこでやはり、そういうことに対して、われわれはしっかりと対応していくという意味も含めましてですね、そういう呼びかけを行ったところであります」

細野氏「私が伺いたいのは、本会議の場所でスタンディングオベーションをするというのがふさわしいかどうかを伺いたいわけですね。私は本会議場におりましたが、自民党の議員の中で真っ先に立った議員もいましたが、相当躊躇(ちゅうちょ)しながら周りを見て立った議員というのはたくさんいましたね。またですね、大島(理森)議長はスタンディングオベーションが起こった後に、『ご着席ください』と自制を促しているわけですね。私はある種、良識だなと思ったのは、公明党が立たなかったこと。じゃあ大島議長や野党のわれわれや公明党の皆さんが、自衛官や海上保安官に対して敬意を持っていないかというと、そんなわけないですよ」

「私も自衛隊の行事が地元にありますから、それはしばしば行きますよ。PKO(国連平和維持活動)の部隊が帰ってきたときは拍手で迎えますよ。そういう思いは持っているけど、首相というのは行政府の長ではあるけども、立法府の長ではないですよね。そこについては一定の緊張感が必要で、実質的には促していないとおっしゃってるけども、『この場所から』と言われれば促していると聞こえますよ」

続きを読む

「ニュース」のランキング