産経ニュース

【衆院予算委】民進・細野豪志代表代行がいきなりスタンディングオベーション批判 安倍晋三首相は「どうしてこれが問題なのか」とブチギレ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
民進・細野豪志代表代行がいきなりスタンディングオベーション批判 安倍晋三首相は「どうしてこれが問題なのか」とブチギレ

衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、民進党の細野豪志代表代行の質問に答える安倍晋三首相=30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の平成28年度第2次補正予算案について、民進党の細野豪志代表代行の質問に答える安倍晋三首相=30日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 衆院予算委員会で30日、安倍晋三首相が民進党の細野豪志代表代行に、26日の所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がり拍手)をして演説が中断されたことを批判され、「どうしてこれが問題になるのか理解できない」などとブチ切れた。

 細野氏は冒頭、「民進党は批判をしているだけにとどまっていると国民にみられている側面がある。われわれは変わらなければならない」と述べ、蓮舫代表が掲げる提案路線への転換を宣言した。

 しかし、次に口から出たのは、所信表明演説の際に、首相が議員らに自衛隊などへの敬意を表すよう促した際に、自民党議員が行ったスタンディングオベーションへの批判だった。細野氏は「首相に促されてスタンディングオベーションをするというのはどうなのか」と述べた。

 これに対し首相は「私は促していない」と反論し「自衛隊などに、敬意を表そうということだ」と説明した。この間、民進党の初鹿明博衆院議員がヤジを飛ばし、首相は「ヤジで議論が中断することもある。御党はヤジで意志を表すわけだ。それが果たして良いのかという議論もある」と皮肉った。

 そのうえで、「米国ではスタンディングオベーションはよくある。議員が自発的に対応するか、だ。どうしてこれが問題になるのか、私はよく理解できない」とクビをかしげた。

続きを読む

「ニュース」のランキング