産経ニュース

民進・山井和則国対委員長「議会軽視、国民軽視のあらわれ」と批判 TPP特別委の自民理事の「強行採決」発言

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・山井和則国対委員長「議会軽視、国民軽視のあらわれ」と批判 TPP特別委の自民理事の「強行採決」発言

 民進党の山井和則国対委員長は30日午前の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案の審議をめぐり、衆院特別委員会理事で自民党の福井照衆院議員が「(前委員長の)西川(公也)先生の思いを強行採決という形で実現するように頑張る」と発言したことを「政府与党のおごりの象徴だ」と非難した。

 山井氏は福井氏の発言について、7月の参院選の結果、衆参両院で与党が過半数を占めるに至った現状を念頭に「強行でもして押し切ってしまえばいいんだ、審議なんてどうでもいいんだという議会軽視、もっと言えば国民軽視の甚だしいあらわれだ」と批判した。

 その上で「福井氏の発言が完全な誤りで、政府与党の方針ではないことを示す意味でも、まずは論より証拠。補正予算案の審議では十分な時間を取って、まさか強行採決なんてことにはしないでいただきたい」と述べ、政府・与党を牽制(けんせい)した。

「ニュース」のランキング