産経ニュース

【東京五輪】小池百合子氏と森喜朗氏のバトル激化!「見直しなら大変なことになる」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京五輪】
小池百合子氏と森喜朗氏のバトル激化!「見直しなら大変なことになる」

東京五輪・パラリンピックの調整会議に臨む東京都の小池百合子知事(手前)と大会組織委の森喜朗会長=29日、文科省 東京五輪・パラリンピックの調整会議に臨む東京都の小池百合子知事(手前)と大会組織委の森喜朗会長=29日、文科省

 2020年東京五輪・パラリンピック開催費用などを検証する東京都の調査チームは29日、開催費が最大3兆円超となる可能性があるとする独自の試算を公表し、競技会場となる3施設について、建設中止を含めて抜本的に見直す案などを小池百合子知事に報告した。一方、大会組織委員会の森喜朗会長は、徹底抗戦する構えを見せた。(夕刊フジ)

 「客観的、経営的手法の分析で、非常に分かりやすかった。2兆円、3兆円と根拠が分からないままイメージだけが膨らんでいた。大変重い提言だ。競技団体やIOC(国際オリンピック委員会)など、相手のある話だが、(今回が)最後のチェックになる。ベストの解決策を見つけたい」

 小池氏は29日午前10時から、都庁で開かれた都政改革本部で、都特別顧問の上山信一慶応大教授ら調査チームの報告を受け、こう語った。

 報告書は、現状では五輪開催費用が3兆円を超える可能性があると指摘した。そのうえで、都が整備する、ボートとカヌー・スプリント会場「海の森水上競技場」と、バレーボール会場「有明アリーナ」、水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」の見直しのほか、都や国などの分担のルールを早急に検討すべきだと提言した。

続きを読む

「ニュース」のランキング