産経ニュース

【民進・蓮舫代表会見詳報(下)】憲法改正「優先順位高くない」 生活不安の解消を強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進・蓮舫代表会見詳報(下)】
憲法改正「優先順位高くない」 生活不安の解消を強調

民進党両院議員総会での蓮舫代表=16日、東京都千代田区(撮影・春名中) 民進党両院議員総会での蓮舫代表=16日、東京都千代田区(撮影・春名中)

 新潟県知事選などがテーマになった29日の民進党の蓮舫代表の記者会見。記者団とのやり取りでは、10月の衆院補欠選挙や憲法改正も話題になった。詳細は次の通り。

富山の政党交付金問題

 --富山の政党交付金の問題については、具体的にどういう調査をするか

 「報道などで言われている部分では不正請求、虚偽申告ではないかと。そういった事実があったとすれば当然許せない。あってはいけないことなので、実態がどうだったのか、まず早急に調査を行う。その調査の結果がどういうものだったのかも見せていただきたいし、事実関係を明らかにさせていただこうと思っている。次に県連をどのように立て直していくか、組織として、みなさま方の信頼を(どのように)取り戻していくか、それを江田憲司代表代行にお願いしている」

 --富山の政党交付金の問題に関連し、民進党富山県連は、富山市議補選と県議補選で候補を擁立しない方針だ。地方での党勢拡大の機会を逃したのでは

 「党勢拡大は常に求めなければいけないと思うが、今回議席を失った理由を考えたときに、その理由は相当反省しなければいけないものだ。ここで党勢拡大を優先で考えるのは、望ましくないのかなと率直に思う」

続きを読む

このニュースの写真

  • 憲法改正「優先順位高くない」 生活不安の解消を強調

「ニュース」のランキング