産経ニュース

萩生田光一官房副長官「基本構想をしっかりうかがった上で検討」 2025年大阪万博誘致

ニュース 政治

記事詳細

更新


萩生田光一官房副長官「基本構想をしっかりうかがった上で検討」 2025年大阪万博誘致

 萩生田光一官房副長官は29日午前の記者会見で、平成37(2025)年の国際博覧会(万博)の大阪誘致について「政府として(立候補の)調整に入った段階ではない」と述べた。一方で「大阪府が前向きで、提案に十分値するだけの収支計画などが確認できれば協力はやぶさかではない」とも強調した。

 万博は、開催を希望する自治体ではなく、政府が立候補の主体となる。萩生田氏は「地元支持の状況、テーマや期間、収支計画などを具体化し、他国と競争できる内容にすることが求められる」と指摘。その上で「大阪府が秋に策定する予定の基本構想をしっかりうかがった上で検討する」と述べた。

 安倍晋三首相は28日の衆院本会議での答弁で万博について「日本への誘致は日本の魅力を世界に発信する絶好の機会となる。開催地のみならず、わが国各地を訪れる観光客が増大し、地域経済が活性化する起爆剤になることが期待される」と指摘。「大阪府がこの秋にも策定する予定の基本構想の内容をよくうかがい、しっかりと検討を進める」と述べた。

「ニュース」のランキング