産経ニュース

安倍晋三首相、「共謀罪」を含むテロ対策に意欲 パリ協定の今国会での批准目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、「共謀罪」を含むテロ対策に意欲 パリ協定の今国会での批准目指す

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が29日午前、前日に引き続き参院本会議で行われた。首相は2020年東京五輪・パラリンピックを視野に入れたテロ対策として、「共謀罪」に関する国内法整備を求めている国際組織犯罪防止条約について「国際社会と協力してテロ組織による犯罪と戦うことは、極めて重要な課題だ」と述べ、早期締結に意欲を示した。

 政府・与党は共謀罪の構成要件を一部変更した組織犯罪処罰法改正案の今国会提出を見送ったが、首相は「これまでの国会審議を踏まえ、国民の理解を得る努力を行いながら法整備に取り組む」と述べ、慎重に進める考えを表明した。

 また、首相は地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」について批准案を臨時国会に提出し、承認を目指すとも明言した。「気候変動という国際社会の深刻な課題への対応に最大限貢献していくとの立場から、早期発効を重視している。パリ協定を今国会に提出し、迅速な締結に向け全力を尽くす」と述べた。

 公明党の山口那津男代表の質問に答えた。

「ニュース」のランキング