産経ニュース

新潟県知事選告示、新人4氏の争い東電柏崎刈羽原発の再稼働が争点

ニュース 政治

記事詳細

更新


新潟県知事選告示、新人4氏の争い東電柏崎刈羽原発の再稼働が争点

 任期満了に伴う新潟県知事選が29日告示され、元団体職員の三村誉一氏(70)▽同県の前長岡市長、森民夫氏(67)=自民、公明推薦▽医師で弁護士の米山隆一氏(49)=共産、社民、生活推薦▽行政書士の後藤浩昌氏(55)-の4人が立候補した。投開票は10月16日。

 県の第三セクターが絡むトラブルに関する地元紙の報道姿勢を主な理由に現職の泉田裕彦知事(54)が4選出馬を撤回し、いずれも無所属新人による争いとなった。民進党は自主投票を決めている。

 泉田氏が慎重な姿勢を取り続けた東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働への対応が最大の争点となる見通し。原子力規制委員会が6、7号機を審査中で、今年度中にも合格する可能性がある。

「ニュース」のランキング