産経ニュース

“おんぶ視察”「役人は長靴を用意していたはずだ」民進・初鹿明博氏が質問書

ニュース 政治

記事詳細

更新


“おんぶ視察”「役人は長靴を用意していたはずだ」民進・初鹿明博氏が質問書

台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=1日 台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=1日

 民進党の初鹿明博衆院議員が自民党の務台俊介内閣府政務官の“おんぶ視察”問題をめぐり、過去に閣僚らが被災地視察で政府職員におんぶされたケースの有無などをただす質問主意書を政府に提出していたことが28日、分かった。

 質問主意書によると、(1)被災地などの視察には随行職員が長靴を準備しているのが通例だが、用意していたのか。それとも長靴を用意していたものの、務台氏はそれを履かずにおんぶされたのか(2)過去に閣僚らを被災地視察で政府職員がおんぶしたことはあるのか(3)おんぶ視察を政府は適切と考えているか-の3項目。

 提出者の初鹿氏は同日、産経新聞の取材に「務台氏は長靴を持参しなかったと釈明しているが、用意周到な役人は準備しているはずだ。本当に長靴を用意していなかったかを確認するために提出した」と説明した。質問主意書に対する政府の回答は、来月4日の閣議後に公表される予定だ。

 務台氏は台風10号で被災した岩手県岩泉町の被災地視察で、水たまりをおんぶされて渡り、与野党から批判を浴びた。菅義偉官房長官は「配慮に欠けた行為」と指摘し、務台氏の上司にあたる松本純防災相も口頭で厳重注意したが、民進党は「資質に欠ける」として臨時国会の委員会質疑で説明を求める構えだ。

このニュースの写真

  • “おんぶ視察”「役人は長靴を用意していたはずだ」民進・初鹿明博氏が質問書

「ニュース」のランキング