産経ニュース

【小池都知事所信表明全文(5完)】「東京はぜい肉付けた巨大な肥満都市」「100年後の都民のため働く」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池都知事所信表明全文(5完)】
「東京はぜい肉付けた巨大な肥満都市」「100年後の都民のため働く」

議事堂に入る小池百合子都知事=28日午後、都庁(納冨康撮影) 議事堂に入る小池百合子都知事=28日午後、都庁(納冨康撮影)

 東京都の小池百合子知事の所信表明は終盤を迎えている。小池知事は次回開催都市の長として自ら赴いたリオデジャネイロ五輪・パラリンピックに言及しながら、2020年東京五輪・パラは最先端都市「TOKYO」を世界にアピールする大会にすると約束。さらには、関東大震災から帝都・東京を復興させた後藤新平の残した自治三訣を引き合いに、今後の都政改革への意気込みを語った。

     

 さて、この夏、リオデジャネイロの地では日本選手が大いに活躍し、オリンピックでは史上最多の41個、パラリンピックでは24個のメダルを獲得するなど、列島中が感動と興奮で満ちあふれました。

 私も、次回開催都市の長としてリオに赴き、全世界が見守る中、大会旗をエドゥアルド・パエス・リオデジャネイロ市長から受け継いでまいりました。2つの大会旗がそろい、いよいよ次は東京であるという責任の重さとともに、すばらしい大会へと盛り上げるためのわくわく感をかみしめております。まずは小笠原村を皮切りに、都内すべての区市町村や被災3県はじめ全国各地を大会旗がめぐるフラッグツアーを展開し、オールジャパンでこのわくわく感を分かち合いたいと思います。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「東京はぜい肉付けた巨大な肥満都市」「100年後の都民のため働く」
  • 「東京はぜい肉付けた巨大な肥満都市」「100年後の都民のため働く」

「ニュース」のランキング