産経ニュース

小池百合子知事、就任後初の都議会で傍聴券求め長蛇の列 午前5時から並んだ人も…

ニュース 政治

記事詳細

更新


小池百合子知事、就任後初の都議会で傍聴券求め長蛇の列 午前5時から並んだ人も…

 東京都の小池百合子知事が就任後、初めての都議会定例会の本会議が開かれる28日、議会には多くの傍聴希望者が詰めかけた。

 議会局によると、昨年の9月議会の初日は一般傍聴人が約50人だったというが、この日は186人分の傍聴券が配られ、満員となった。都職員によると、午前8時の時点で約10人並んでいたといい、10時半ごろには列の人数が定員に達していたという。傍聴券は正午から先着順で配布され、受け取った人は駆け足で議場へ向かっていた。

 「一番乗り」と話すのは午前5時前に都庁に到着したという中野区の浅野浩子さん(54)と長女の牧子さん(23)。浩子さんは小池知事のイメージカラー、緑色のTシャツ、牧子さんは緑のカーディガンを着ていた。「午前3時に起きて、始発で来た。小池知事の大ファン。五輪や豊洲市場の問題が気になる。所信表明演説で、都議がどんな反応をするのか見てみたい」と話した。豊島区の男性会社員(47)は10時半ごろから並び、ギリギリで傍聴券が配布された。「会社の振り替え休日を利用した。知事がどんな発言をするか注目」と期待を寄せた。

 一方、11時半ごろに訪れた中野区の40代女性は、満員で議会に入れず、「初めて傍聴に来たが、こんなに並んでいるのね…」と残念がった。

このニュースの写真

  • 小池百合子知事、就任後初の都議会で傍聴券求め長蛇の列 午前5時から並んだ人も…
  • 小池百合子知事、就任後初の都議会で傍聴券求め長蛇の列 午前5時から並んだ人も…

「ニュース」のランキング