産経ニュース

萩生田光一副長官「補正予算、速やかに成立を」 輸入米価格めぐり野党審議入り拒否

ニュース 政治

記事詳細

更新


萩生田光一副長官「補正予算、速やかに成立を」 輸入米価格めぐり野党審議入り拒否

 萩生田光一官房副長官は28日午前の記者会見で、野党側が輸入米の価格をめぐる問題を理由に臨時国会での平成28年度補正予算案の審議に応じない姿勢を示していることについて「補正予算は1億総活躍社会の実現加速に加え、熊本地震からの復興や豪雨災害への対応など極めて重要な内容。予算委員会で速やかに審議され成立を図ってもらいたい」と述べた。

 野党側は、海外のコメを国の管理で輸入する「売買同時入札」(SBS)をめぐり、業者がリベートを使って国が管理する価格より安く市場に流通させたとされる問題に関し、政府による調査結果を速やかに公表するよう求めている。

 野党側の指摘に対し萩生田氏は「SBS米の取引について法令上問題なく行われている」と強調。その上で「民間事業者間の金銭のやりとりがあるとすればSBS米入札への不信感が生ずる。ヒアリングを鋭意進めており、全体として整理、分析した上で公表することが適当だと考えている」と話した。

「ニュース」のランキング