産経ニュース

【東京五輪】「海の森水上競技場」など3施設の計画撤回も 調査チームが見直し提案へ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京五輪】
「海の森水上競技場」など3施設の計画撤回も 調査チームが見直し提案へ

水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区) 水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用などを検証する都の調査チームが、競技会場として都が建設を進める3施設について、現在の整備計画を抜本的に見直し、費用の適正化を進めるべきだとする提案を行うことが27日、都幹部への取材で分かった。場合によっては現計画を撤回し、代替案を模索することも選択肢に加えるべきだとする厳しい内容で、29日の都政改革本部で第1次報告として公表する。

 都の施設整備費は3施設を含め、2241億円に及ぶ見通しとなっている。小池百合子都知事は経費圧縮に意欲を示しており、会場計画が再び変更される可能性も出てきた。

 調査報告では、大会時に客席を2万席用意し、終了後に5千席に減築する予定となっている水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」について「座席数が過大」と指摘。近くに東京辰巳国際水泳場があることから、再検討が必要と指摘する。

 整備費が招致時の69億円から491億円に膨らんだボート・カヌー会場「海の森水上競技場」は競技団体から風や波の対策が不十分だといった意見があり、会場変更も視野に入れることを提案。バレーボール会場「有明アリーナ」は不要な設備を省き、競技に特化することなども選択肢として示す。

このニュースの写真

  • 「海の森水上競技場」など3施設の計画撤回も 調査チームが見直し提案へ
  • 「海の森水上競技場」など3施設の計画撤回も 調査チームが見直し提案へ

「ニュース」のランキング