産経ニュース

【衆院代表質問】民進党の野田佳彦幹事長、自身の首相時代との整合性に苦慮…TPPや消費税で自民党の責任強調も迫力不足は否めず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院代表質問】
民進党の野田佳彦幹事長、自身の首相時代との整合性に苦慮…TPPや消費税で自民党の責任強調も迫力不足は否めず

 民進党の野田佳彦幹事長が27日の衆院本会議で、新執行部のトップバッターとして代表質問に立った。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や消費税率の引き上げなど自身が首相時代に進めようとした政策が、安倍晋三政権の失策で困難になったと主張。安倍首相に責任転嫁しつつ旧野田政権と今の民進党の立場との整合性を説明したが、逆に首相から「決める政治」をアピールされるなど迫力不足は否めなかった

 「平成24年の衆院選で『TPP断固反対』と約束したのは自民党の安倍総裁。政権を奪ったら舌の根も乾かぬうちに交渉参加するなど、言語道断だ」

 野田氏は代表質問で、TPPに関する安倍首相の変節をこう指弾。安倍政権下の交渉で「聖域」とされた農産品重要5項目を守れなかったなどとして、「われわれが参加を躊躇していたものをのみ込んだとしか思えない」と指摘した。

 憲法改正論議では「自民党は国民の権利を軽んじる党憲法改正草案の実現を目指して議論に臨むのか」とかみつき、「本気で議論する気があるなら、まずは自民党総裁として草案を撤回してほしい」と迫った。

 しかし、23年11月にTPP交渉参加国との事前協議入りを決断したのは、当時首相だった野田氏だ。本来は改憲論者でもある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進党の野田佳彦幹事長、自身の首相時代との整合性に苦慮…TPPや消費税で自民党の責任強調も迫力不足は否めず

「ニュース」のランキング