産経ニュース

【働き方改革実現会議】安倍晋三首相「スピード感持って関連法案提出」 初会合で同一労働同一賃金や長時間労働是正などの検討を要請

ニュース 政治

記事詳細

更新

【働き方改革実現会議】
安倍晋三首相「スピード感持って関連法案提出」 初会合で同一労働同一賃金や長時間労働是正などの検討を要請

働き方改革実現会議(第1回)に臨み、あいさつする安倍晋三首相(左から2人目)=27日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 働き方改革実現会議(第1回)に臨み、あいさつする安倍晋三首相(左から2人目)=27日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 政府は27日、関係閣僚と有識者による「働き方改革実現会議」の初会合を首相官邸で開いた。議長の安倍晋三首相は、同一労働同一賃金や長時間労働是正、転職・再就職支援など9つのテーマを検討するよう要請し、「今年度内に具体的な『実行計画』を取りまとめた上で、スピード感を持って国会に関連法案を提出する」と述べた。

 働き方改革を「最大のチャレンジ」と位置付ける首相は「大切なことはスピードと実行。もはや先送りは許されない。今こそわれわれは必ずやり遂げるという強い意志をもって取り組んでいかなければならない」と強調。「ポイントは働く方によりよい将来の展望を持っていただくことだ」とも語った。

 その他の検討テーマは、賃金引き上げと労働生産性の向上▽テレワークや副業・兼業など柔軟な働き方▽働き方に中立な社会保障制度・税制▽高齢者の就業促進▽病気や子育て、介護と仕事の両立▽外国人材の受け入れ-の6つ。

 ただ、政府高官は、外国人材の受け入れについて「簡単に結論が出る話ではないので、実現会議の主要テーマにならない」としている。

「ニュース」のランキング