産経ニュース

【衆院代表質問】安倍晋三首相が憲法改正で野党にも協力を呼びかけ、TPPは今国会承認に改めて意欲

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院代表質問】
安倍晋三首相が憲法改正で野党にも協力を呼びかけ、TPPは今国会承認に改めて意欲

衆院本会議で民進党の野田佳彦幹事長(手前)の代表質問を聞く安倍晋三首相=27日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で民進党の野田佳彦幹事長(手前)の代表質問を聞く安倍晋三首相=27日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、民進党など野党に憲法改正に向けた議論に協力するよう呼びかけた。「国会の憲法審査会という静かな環境で各党が真剣に議論し、国民的な議論につなげることが必要だ」と述べた。民進党の野田佳彦幹事長の質問に答えた。

 野田氏は、自民党が平成24年にまとめた憲法改正草案の撤回を重ねて求めた上で、「民進党は現行憲法に足りないところがあれば、憲法を改正しようという立場だ」と述べ、憲法改正を忌避しない姿勢を示した。

 これに対し、首相は「各党がそれぞれの考え方を示すことが大切だ。自民党草案を撤回しなければ議論できないという主張は理解に苦しむ」と反論。「自らの考えをしっかりと提案し、議論を戦わせることで初めて建設的な議論が可能になる」と述べ、民進党に具体的な改憲案を示すよう求めた。

 首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案に関し「この国会でやらなければならない」と述べ、今国会での成立に改めて意欲を示した。「米国が発効に向けた努力を続けるため、日本が国内手続きを前進させることが重要だ」と強調。米国から再交渉を求められた場合も「応じる考えはない」と断言した。

 また、天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲られる「生前退位」について「まず有識者会議で議論を進め、一定の段階で与野党も交えて議論することも考えている」と述べた。

「ニュース」のランキング