産経ニュース

【臨時国会】安倍首相の所信表明演説は「総花的」「伝わるものがない」 「批判から提案で臨む」と豪語する民進党蓮舫代表だが…やっぱり“原点”回帰?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【臨時国会】
安倍首相の所信表明演説は「総花的」「伝わるものがない」 「批判から提案で臨む」と豪語する民進党蓮舫代表だが…やっぱり“原点”回帰?

参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=26日午前、国会(斎藤良雄撮影) 参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=26日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 民進党の蓮舫代表は臨時国会が召集された26日、政府・与党への対決姿勢を先鋭化させた。代表選では「批判から提案」を標榜(ひょうぼう)していたが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などについて徹底抗戦の構えで、衆参両院の憲法審査会も、自民党の憲法改正草案を土台とした審議に慎重な姿勢を崩さない。共産党は批判が目立つ蓮舫執行部にすり寄る姿勢もみせている。

 「批判から提案という形で臨みたいと思うが、提案さえできないお粗末な事例もいくつか見受けられる」

 蓮舫氏は26日の参院議員総会でこう述べ、まずは政府・与党を厳しくただす方針を強調した。首相の所信表明演説についても記者団に「伝わるものが全くない。まさしく総花的」と切り捨てた。

 蓮舫氏は「批判に明け暮れようとは全く思っていない。提案と、私たちの考え方で対応する」とも述べたが、この日は与党への批判一色に染まった。

続きを読む

「ニュース」のランキング