産経ニュース

【臨時国会】安倍晋三首相、所信表明演説で働き方改革「大胆な改革を進める」と強調 前提に労使合意、議論混迷の可能性も

ニュース 政治

記事詳細

更新

【臨時国会】
安倍晋三首相、所信表明演説で働き方改革「大胆な改革を進める」と強調 前提に労使合意、議論混迷の可能性も

弟192臨時国会が召集され、衆院本会議で所信表明演説する安倍晋三首相=26日午後、国会・衆院本会議場(宮川浩和撮影) 弟192臨時国会が召集され、衆院本会議で所信表明演説する安倍晋三首相=26日午後、国会・衆院本会議場(宮川浩和撮影)

 ただ、政府の働きかけが奏功するかは見通せていない。「同一労賃」をめぐっては、今年3月に発足した有識者会議が、どういう場合に正社員と非正規社員の格差が不合理なのかを示した「指針」の年内取りまとめへの議論を進めている。一方、「長時間労働」は、厚生労働省の有識者会議が今月9日に初会合を開いたばかりだ。安倍首相は所信表明で「可能なものから速やかに実行し、1億総活躍の未来を切り拓(ひら)く」と強調したが、実現会議の議論の行方次第では尻すぼみに終わる恐れもある。(桑原雄尚)

「ニュース」のランキング