産経ニュース

【臨時国会】首相、悲願の憲法改正に決意表明 「本丸」9条に踏み込めるか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【臨時国会】
首相、悲願の憲法改正に決意表明 「本丸」9条に踏み込めるか

所信表明演説をする安倍首相=26日午後、衆院本会議場 所信表明演説をする安倍首相=26日午後、衆院本会議場

 「4年後の東京五輪・パラリンピックは、必ずや、世界一の大会にする。何としても、成功させなければならない」

 安倍晋三首相が26日の所信表明演説の冒頭で強調したのは、今夏のリオデジャネイロ五輪の感動と2020年東京五輪・パラリンピック成功への決意だった。同時に、首相は「わが国の『未来』を切り拓(ひら)く。世界一暮らしやすい国、世界一信頼される国を目指し、新たなスタートを切るときだ」とも呼びかけた。

 1億総活躍、地方創生、農政新時代、地球儀を俯瞰(ふかん)する外交と、これまでの取り組みを挙げ「安倍内閣は『未来』への挑戦を続ける」と決意を示した首相は、憲法改正議論の「新たなスタート」を野党に声かけするのも忘れなかった。首相の悲願である憲法改正はもちろん日本の「未来」を左右する。他の政策課題と切り分け、演説の最後で取り上げたのは憲法改正への強い意志の表れだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング