産経ニュース

【政界徒然草】「パンティー大臣」の次は「おんぶ政務官」 被災地視察で失態にあぜん…務台俊介氏に復興担う資格はあるか

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政界徒然草】
「パンティー大臣」の次は「おんぶ政務官」 被災地視察で失態にあぜん…務台俊介氏に復興担う資格はあるか

台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=9月1日 台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=9月1日

 女性下着の窃盗疑惑や香典支出などの政治資金問題で批判にさらされた高木毅前復興相が閣外に去ったかと思えば、今度は“おんぶ政務官”とは。8月の内閣改造にともなって就任した自民党の務台俊介内閣府政務官兼復興政務官が台風被災地を視察した際、長靴を履いていなかったため職員に背負われて水たまりを渡り非難を浴びている。26日に召集された臨時国会でも野党側から追及されるのは必至。就任早々、被災地の感情を逆なでするような失態を演じた務台氏に復興行政の一翼を担う資格はあるのか。

 務台氏は9月1日、政府調査団の団長として台風10号で大きな被害を受けた岩手県岩泉町を視察。9人が死亡した同町の高齢者グループホームに向かう途中、長靴ではなく丈の短い防災靴を履いていたため小川があふれ冠水している場所を内閣府職員に背負われて渡った。

 務台氏は衆院長野2区選出の当選2回。総務官僚出身で、過去には消防庁防災課長を務めたこともあるというのだから今回の台風被災地での行動にはあぜんとするほかない。

 視察での“おんぶ姿”がメディアで報じられると、インターネット上では「みっともない」「一体何しに来たんだ」などといった批判が巻き起こった。政府・与党からも非難の声が相次いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「パンティー大臣」の次は「おんぶ政務官」 被災地視察で失態にあぜん…務台俊介氏に復興担う資格はあるか

「ニュース」のランキング