産経ニュース

組織委、57億円返還を検討 都の監督警戒か

ニュース 政治

記事詳細

更新


組織委、57億円返還を検討 都の監督警戒か

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用などを検証する東京都の調査チームが大会組織委員会(森喜朗会長)への監督を強めていることを受け、組織委は、都から拠出された57億円の返還の検討を始めた。組織委は「当初の目的を達した」と理由を説明しているが、都の出資比率を下げることで、都の監督強化の動きを牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。調査チームは29日、組織委への聞き取り結果などをまとめた第1次調査報告を公表するが、今後の関与のあり方に注目が集まりそうだ。

 都によると、組織委は平成26年1月、都と日本オリンピック委員会(JOC)が1億5千万円ずつを拠出して発足。都は同年6月に57億円を追加投入し、出資比率は97・5%に及ぶが、国際オリンピック委員会(IOC)など他団体の関与が強いことを理由に、都が指導監督を行う「監理団体」には指定していない。

続きを読む

「ニュース」のランキング