産経ニュース

【臨時国会】「TPP、早期発効大きなチャンス」安倍晋三首相、所信表明演説 野党、徹底抗戦、審議の山場に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【臨時国会】
「TPP、早期発効大きなチャンス」安倍晋三首相、所信表明演説 野党、徹底抗戦、審議の山場に

衆院本会議で所信表明演説する安倍晋三首相=26日午後、国会・衆院本会議場(宮川浩和撮影) 衆院本会議で所信表明演説する安倍晋三首相=26日午後、国会・衆院本会議場(宮川浩和撮影)

 第192臨時国会が26日召集され、安倍晋三首相が衆参両院の本会議で所信表明演説を行った。政府・与党は臨時国会で、成長戦略の要となる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案・関連法案の成立を期す考え。野党は徹底抗戦の構えを見せており、TPP審議をめぐる攻防が最大のヤマ場となりそうだ。

 首相は所信表明演説でTPPについて「早期発効を大きなチャンスとして、(農林水産物輸出額の)1兆円目標の早期達成を目指す」と強調。承認案と関連法案の成立を急ぐとともに、農業の構造改革も合わせて進める考えを示した。

 意欲を示す憲法改正については、改憲条項の絞り込みに向け「与野党の立場を超え、憲法審査会での議論を深めていこう」と呼びかけた。天皇陛下が意向を示された「生前退位」をめぐっては有識者会議で議論を進める考えを表明した。

 経済政策では、事業規模28兆円超の経済対策で、デフレ脱却を目指す姿勢を改めてアピールし、経済再生に「あらゆる政策を総動員する」と強調した。政権の目玉政策である「働き方改革」では同一労働同一賃金の実現に向け「新たなガイドラインを、年内を目途(もくと)に策定する」と訴えた。

続きを読む

「ニュース」のランキング