産経ニュース

日本維新の会・馬場伸幸幹事長が民進・共産を猛烈に批判 民進・野田佳彦幹事長の自民党改憲草案撤回要求「他党のことだ」とバッサリ

ニュース 政治

記事詳細

更新


日本維新の会・馬場伸幸幹事長が民進・共産を猛烈に批判 民進・野田佳彦幹事長の自民党改憲草案撤回要求「他党のことだ」とバッサリ

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は26日午後の記者会見で、民進党と共産党の憲法審査会に対する姿勢を痛烈に批判した。日本維新の会は憲法改正について「教育の無償化」「統治機構改革」「憲法裁判所の設置」の3項目を掲げており、批判ばかりに終始する両党に苦言を呈した格好だ。

 まず馬場氏は、25日のNHK番組で、民進党の野田佳彦幹事長が自民党の改憲草案の白紙撤回を求めたことを非難。「(草案は)他党のことだ」と指摘し、「民進党が、憲法改正するならば何をするのかを出すべきだ。自民党の憲法草案をいくらけなしても、そういう部分にはつながっていかない」と述べた。その上で、民進党に対し「野党第一党としての自覚と責任を持って、将来の日本のあり方について自らの考えを出すべきだ」と促した。

 また、馬場氏は現行憲法の堅持を明言する共産党に対し、「憲法審査会は憲法改正を審査する場だ。(憲法改正の)必要性がないというのであれば、出席する必要がない」と批判。「きちんと前を向いて、将来の日本に責任を取れる政党が議論をすればいいのではないか」とも語った。

「ニュース」のランキング