産経ニュース

菅義偉官房長官「日本の領土、領海、領空は断固として守る」 中国軍機の宮古海峡上空飛行を牽制

ニュース 政治

記事詳細

更新


菅義偉官房長官「日本の領土、領海、領空は断固として守る」 中国軍機の宮古海峡上空飛行を牽制

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、中国空軍の戦闘機とみられる航空機など計8機が沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過したことに関し、「今後も活動を拡大、活発化させている中国軍の動向を注視し日本の領土、領海、領空は断固として守るとの観点から、引き続き警戒監視活動に万全を期す」と強調した。

 今回の中国軍機の飛来目的について、菅氏は「何らかの訓練などを行った可能性はあるものの、確たることを申し上げるのは控えたい」と述べるにとどめた。一方、中国政府が尖閣諸島(沖縄県石垣市)上空も含む東シナ海上空に防空識別圏を設定している点に対し、菅氏は「日本固有の領土である尖閣諸島の領空を、あたかも中国の領空であるかのごとき表示しており、わが国としては全く受け入れることはできない」と不快感を示した。「国際法上の一般原則である公海上空における飛行の自由を妨げるものだ」とも指摘した。

「ニュース」のランキング