産経ニュース

野田佳彦幹事長、自民改憲草案の撤回要求へ 26日に臨時国会召集 蓮舫氏初陣で早くも与野党対立が先鋭化 

ニュース 政治

記事詳細

更新


野田佳彦幹事長、自民改憲草案の撤回要求へ 26日に臨時国会召集 蓮舫氏初陣で早くも与野党対立が先鋭化 

 第192臨時国会が26日、召集される。7月の参院選後初の国会論戦。蓮舫新代表の初陣となる民進党は、野田佳彦幹事長が25日、自民党の憲法改正草案(平成24年発表)の撤回を求めるなど、早くも与野党の対立が先鋭化している。政府は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案の早期成立も目指すが、民進党は共産党などとも連携して反対姿勢を強める。

 会期は11月30日までの66日間。9月26日に安倍晋三首相が所信表明演説を行い、27日から3日間衆参両院で代表質問が行われる。

 政府・与党は、経済対策となる28年度第2次補正予算案を成立させた後、TPP承認案を10月中に衆院通過させる構え。承認案は憲法61条の規定で衆院通過後30日が過ぎれば自然承認されるからだ。衆参両院の憲法審査会も再開し、憲法改正議論の加速も図る。

続きを読む

「ニュース」のランキング