産経ニュース

【今週の焦点】東京都知事給与半減案…都議に迫る踏み絵 「知事のような退職金ない」「127人、それぞれ考え方違う」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【今週の焦点】
東京都知事給与半減案…都議に迫る踏み絵 「知事のような退職金ない」「127人、それぞれ考え方違う」

 小池百合子知事が、ボーナスなどを含めた自らの給与を年収約1448万円に半減する条例案も焦点となる。成立させれば、都議の年収約1708万円を下回ることになり、都議会の改革を求める世論が高まることは必定。都議にとっては自らの気概を示す「踏み絵」となりかねず、難しい選択を迫られそうだ。

 「知事には多額の退職金があるが、都議にはない。それも含めて議論すべきだ」「挑戦状のつもりのようだが、都議は127人もおり、それぞれ考え方も違う。知事のように簡単にはいかない」。小池氏の条例案提出について、すでにベテラン都議からは不満の声が漏れる。

 小池氏は9日の定例会見で、「身を切る改革の姿勢を示す」と述べ、年2回の期末手当などを含めた年収2896万3480円を半減させる条例案を都議会に提出すると発表。「議会にご理解をいただきたい」と可決を促した。成立すれば、現在最も低い山形県知事(年収1640万6940円)より少なく、全国の知事で最低額となる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京都知事給与半減案…都議に迫る踏み絵 「知事のような退職金ない」「127人、それぞれ考え方違う」

「ニュース」のランキング