産経ニュース

【iRONNA発】「二重国籍者」が首相になってもいいのか? 蓮舫氏圧勝が意味するもの 山村明義(作家・ジャーナリスト)

ニュース 政治

記事詳細

更新

【iRONNA発】
「二重国籍者」が首相になってもいいのか? 蓮舫氏圧勝が意味するもの 山村明義(作家・ジャーナリスト)

「がんばろう三唱」する民進党の蓮舫新代表=9月15日、東京都港区(福島範和撮影) 「がんばろう三唱」する民進党の蓮舫新代表=9月15日、東京都港区(福島範和撮影)

 9月15日に行われた民進党代表選で、自らの「二重国籍問題」でケチが付いたはずの蓮舫氏が、2位の前原誠司氏らの票を2倍以上、3位の玉木雄一郎氏を4倍以上離して勝利した。(iRONNA)

 民進党代表選は、1回目の投票で党員、サポーター、地方議員の票が437ポイント、国会議員と公認候補者票の412ポイントを合わせた849ポイントの過半数(425ポイント)を獲得すれば勝利し、達しなければ、1位、2位候補の間で決選投票が行われる仕組みだった。ところが、党員、サポーター、地方議員票で、すでに蓮舫氏が全体の約6割を占める293ポイントを獲得。その時点で、前原氏の102ポイント、玉木氏の42ポイント。当日の国会議員、公認候補者票でも、蓮舫氏が210ポイント、前原氏が128ポイント、玉木氏の74ポイントを圧倒的にリードして、蓮舫氏の勝利が最初から決まっていたかのような「圧勝」であった。

 それにしても、蓮舫氏が自ら日本と台湾の「二重国籍」を事実として認めたのは、党員、サポーター、地方議員票の締め切り日である13日だった。このとき有権者の多くは彼女の二重国籍問題が事実であることを知らないまま投票をしていたことになる。つまり、民進党代表選に関しては、蓮舫氏の二重国籍問題がほとんど焦点にならないまま新代表が決まってしまったのである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「二重国籍者」が首相になってもいいのか? 蓮舫氏圧勝が意味するもの 山村明義(作家・ジャーナリスト)

関連トピックス

「ニュース」のランキング